宇都宮のみどり野でパン屋をやっています。パネパネ情報発信しますね。


by panepane2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ご無沙汰しております。

こんばんは。
大変ご無沙汰しておりました。
もう「PanePane」が閉店して10日も経つのですね。
お店の片付け、税理士さんとの打ち合わせ、健康診断、次の仕事の準備等々、バタバタした日が続いたのであっという間でした。
お店の片付けをしながら、ふと「本当に止めちゃうんだな。」なんて、ちょっと寂しく思ったりもしましたが、意外にもあっさりボンボンと片付けております。
これが断捨離ってやつなんでしょうか。
そう、次の仕事の事を書いていませんでしたね。
次の仕事はもうパンを焼くことはありません。
どこかのパン屋で雇われで・・・なんてこともちょっとだけ考えましたが、私の年齢ではそうそう良い条件はありませんから。
ある程度の年齢になったらみんな独立したいと思うのはそんな理由もあるのでしょうね。
次の仕事場は栃木近辺のパン屋さん、洋菓子、和菓子屋さんにとっては御馴染みの会社さん。
「PanePane 」を建ててくれた会社でもあります。
どうしても経営が厳しく「閉店、縮小、移転、事業転換」を相談した際に「パン屋さん等のバックアップを考えているのならウチの会社に手を貸してほしい。」と言っていただけたことがきっかけです。
そう、以前のブログネタでも書き込んだことがあったかもしれません。
パン屋さん(等)の設備、機械関係でのバックアップの仕事をしてみたいと。(もともと機械屋でもありましたし。)
「すぐに原さんが考えているような事は出来ないかもしれないけれど、徐々にでも・・・。」という話。
「渡りに船」とはこの事なのでしょう。
「PanePane」を畳んでアルバイトでも何でも・・・と考えている時にこの話。
そして、ちょうど妻にも仕事の話。
妻の仕事に関しては、私以上に大きな決断が要る仕事です。
正直、多くの賛同の意見もあるでしょうが、批判の意見もたくさん出る事でしょう。
でも、私もそして当然妻も、子供達も覚悟を決めての決断です。
そのことについてはいずれわかると思います。今はあえて触れません。

そんな条件が重なっての「PanePaneの閉店3月17日」だったのです。
直接的な「PanePane」の閉店理由。
ここで閉店理由を述べて「赤の他人」もしくは「PanePaneを快く思っていない人」にとっては「愚痴」でしかないのかもしれませんが、「PanePaneの事を知りたい人」にとっては重要な情報なようですのでちょっとだけ触れます。
「愚痴」にしか思えない人はご了承ください。
今までの「愚痴のような書き込み」でだいたいの理由はお分かりかと思います。
正直、本当に生活が厳しく、「手を付けてはいけない預金」にも手を出さざるを得ない事もしばしば。
子供達に満足した教育を受けさせることも一緒に居てあげるとこもままならず・・・。
そして私の体の事。
当然私の睡眠時間を削ればどうにかやっていけるにしても、体は正直で「5年もつか・・。」といったところ。
先日の健康診断では「どう考えても異常。」という事が・・・。
生活習慣を変えようにもその余裕も無し。経営を立て直すための時間的、体力的余裕も無し。
ここはまずリセットしなければと思いました。
今、パン屋という仕事から離れて、「もう一度やり直したい。また、お客様に会いたい。」といった気持ちがある事も確かです。
でも、それには当然大きな大きな投資やリスクがある事も知っています。

私の新しい仕事。
今は研修中で工場研修や現場研修。
同じパン屋さん仲間やお客さんだった方々から見たら、もしかしたら「こんなところで何やってんの?」と言った感じかもしれません。
そして私も少しだけそう思ってしまう事もあります。
でも、どんな仕事であれ皆さん一生懸命やっています。必要とされている仕事です。
大きな会社に入って思いました。
生活するためのお金を作り出すという事はこういう事だ・・・と。
今は正直、本当にこの決断で良かったのかなんてわかりません。
・・わかりませんが頑張ります。


本当に8年間ありがとうございました。
たくさんの応援メッセージ、惜しむ声、お花、そして涙。
あんなに多くの方が涙を流されるなんて・・・。
本当に本当にありがとうございました。
またどこかで私達夫婦、そして従業員さんを見かけることがありましたら是非声を掛けてください。

もう私には皆さんに公表できる「ネタ」は無くなるでしょうね。
とりあえずブログはこのままにしておきます。

それでは、またどこかで。








[PR]
Commented by 武田 at 2018-04-21 15:44 x
大好きなパン屋さんでした。
地元にある事が誇らしかったです。
ここ、3,4年の間に結婚し、子供たちが生まれ、引っ越しがあり..としばらくパパに徹していたため食べにいきたくともなかなか行けずでした。

今日、実家へ帰る道すがら建物を見て、このブログを見つけ、閉店を知りました。

一客としてはとてもとても悲しいですが、家庭をまもる同じ立場としては、皆さんの新たな生活を心から応援しています。
自分の健康は、最終的には自分しかまもれません。ぜひ、ご自愛くださいね。
Commented by panepane2 at 2018-04-21 22:48
> 武田さん
こんばんは。
今の職場では色々なパン屋さん洋菓子屋さんを見ることが多いのですが、自分を振り返って思うのは「あのままではどっちにしても続かなかった。」という事です。
またいつの日か再開を・・・なんて事、思わなくもないですが、今は色々と勉強になり楽しく、そして父親らしく過ごせていますよ。
武田さんのお子さん見たかったですね。
最後に、結局のところ続かなかったパン屋ですが「良いお店」だったと思っています。
それは「良いお客様」がたくさんいらっしゃったから。
今までありがとうございました。


Commented by アイ at 2018-05-10 15:19 x
会社帰りによくパンを買いに行ったのを思い出します。
県北へ引越してからは好みのハード系パン屋がなかったので、
宇都宮へ行く用事があるときは必ず立ち寄っていました。
最近、近所にハード系パン屋ができたのですが、やはりパネパネさんのパンには敵わないなぁと思い
久しぶりにブログを見たのですが、閉店されていたんですね。

8年間、お疲れ様でした。
パネパネさんのパンは今まで食べてきたなかでいちばん美味しいパンでした。
美味しいパンをありがとうございました。
Commented by panepane2 at 2018-05-10 22:35
アイ様
こんばんは。
久しぶりにお客様と接することが出来て嬉しいやら寂しいやらです(笑)
そうなんです。閉店してしまったんです。
今思えば、楽しい仕事でしたが、やり方が無謀でしたね。
でもこうして今も記憶に残してくれている人がいることは、本当にありがたい事です。
8年間は無駄ではなかったです。
県北と言えば黒磯駅前の流行りのお店や石窯で焼いているマニアックなお店等ありますがどうでした?
私は今日、大谷の方にできたベーカリーに行ってきましたよ。
まさに「スタンダード!」でしたが(笑)
今更ですが、皆さんにもう一度会いたいですね。
本当に楽しい仕事でした。
ありがとうございました。
いつまでも忘れないでくださいね。
Commented by スヤスヤ at 2018-06-02 19:27 x
夫婦ともにワインが好きで、週末になるとテーブルいっぱいにワインに合う料理を並べ、乾杯することが私たちの楽しみです。パネパネさんのバゲットも我が家の食卓に度々並び、疲れた体と心を癒してくれました。けして主張し過ぎずチーズや生ハムを引き立てるが、しっかりとした小麦の味わいが噛む毎に感じられる、ご主人の愛情とお人柄がパンに溢れていましたね!オーブンで温め直した後にバゲットを割る瞬間のパリッと小気味よい音と香り立つ湯気が大好きでした。幸せな時間をありがとうございました。お疲れさまでした。もしかしての時のためにスタンプカードは捨てずにしまっておこうと思います。

追伸: 2、3年前に県南で立ち寄った当時OPENしたてのパン屋さん。とても美味しく私達好みだったので話を聞いたところ、ご主人がパネパネさんで修行をしたとのことで、まさかの偶然に驚いたとともに、やっぱりパネパネさん凄いねと夫婦で会話したことを思い出しました。
Commented by panepane2 at 2018-06-03 22:43
> スヤスヤさん
こんばんは。
嬉しいコメントありがとうございます。
それも自分のバースデイに頂けるとは(自分で言っちゃっていますが(笑))。それに3日ですが・・・。
実は私も、もしかしての為に皆さんの住所録取っておいてあるんです(笑)
今の仕事では洋菓子屋さんパン屋さんと色々な店舗を見ることが出来て本当に勉強になっています。
いつになるかはわかりませんが、またお客様と接することが出来る仕事をもう一度やってみたいとは思っています。
一度しかない人生いろいろな経験をして楽しまないと損ですからね。
今、また一からパンを考えるとしたら「パネパネ」の時の物とはまたちょっと違ったものが出来そうな気がします。
10年後か20年後かいつになるかわかりませんが何かしらかの形で表に出たいと思っていますよ。
今日はありがとうございました。
by panepane2 | 2018-03-28 22:22 | おしらせ | Comments(6)